スポンサーリンク



事故・事件

八王子の寺院にて強盗事件。ナイフで押し入り被害、犯人は?詳しい場所は?

八王子市の寺院にナイフを持った男が侵入した事件が発生しました。

門が空いてさえあれば比較的自由に出入りが可能であるがゆえに、寺院や寺社はいたずらや窃盗の犯罪が度々ニュースに取り上げられますね。

今回は、八王子で起きた強盗事件の被害や犯人、寺院の場所など詳しく調べてみることにします。

スポンサーリンク

八王子の寺院で強盗、発生した場所は?

事件が発生したのは、1/26午後9時半ごろ。

場所は、東京都八王子市東浅川町にある「興福寺」というお寺です。

午後9時半というと外はもう暗くなっていますので、比較的出入りしやすい寺院が狙われてしまったのでしょうか。

八王子の寺院で強盗、被害は?

心配されるのが被害についてですが、最初に住職の母親(77)が包丁を突きつけられたようです。

犯人は金庫の場所を聞き出そうとしていたようで、

その後帰ってきた住職と揉み合いになりました。

住職は、手首に軽い怪我を負わされたようですが、命に別状は無かったようです。

八王子の寺院で強盗、犯人はどうなった?

住職が木刀で犯人を撃退し、その際犯人も左腕に軽い怪我を負ったようです。

その後犯人は何も取らずに逃走しました。

犯行当時、犯人の男はニット帽にサングラス、マスク姿をしていたと報じられています。

八王子の寺院で強盗まとめ

1日経って同じような格好でうろついているとは考えにくいですが、捕まっていないため近隣住民は不安かと思います。

寺院や神社にも防犯対策はもちろんされているかとは思いますが、こういうことが起こると今後さらなる防犯対策が必要になってくるかもしれませんね。

ABOUT ME
minchuu
東京都下在住のおうち大好き人間。